17インチ サマータイヤ セット【適応車種:CT(ZWA10)】WORK エモーション M8R マットブラック 7.0Jx17ディレッツァ DZ102 215/45R17


 >  > 17インチ サマータイヤ セット【適応車種:CT(ZWA10)】WORK エモーション M8R マットブラック 7.0Jx17ディレッツァ DZ102 215/45R17
DAD ギャルソン フロントテーブル スクエアタイプ ベガパターン ローレルデザインロゴ ライトオーク オデッセイ RA1~5zoom/ズーム ダウンサス ダウンフォースHG IXION CP8WF FORD/フォード
1-1 質問紙調査の企画・設計
1-1-6 ヒント&プラクティス1 「で結局、ランダムって、どうすればいいの?」


1.乱数を発生させるには
調査対象の集団(母集団)からランダムに調査対象者を選ぶ(つまり母集団の中から、ある一人が選ばれる確率が等しくなるようにする)にはどうしたらいいのか?
 →母集団全員に番号をつけ、その中から選ばれる番号が乱数であること(すなわち、どの番号も等しい確率で出現すること)が理想的な抽出方法である。

(例題)211人のクラスから30人をランダムに選んでアンケートに答えてもらうような場合、どうしたらいいのか?

17インチ サマータイヤ セット【適応車種:CT(ZWA10)】WORK エモーション サマータイヤ M8R リア左右セット マットブラック 7.0Jx17ディレッツァ DZ102 215/45R17


STEP 1 クラスの名簿をつくって(並べ方は自由でよい)最初の1番から最後の211番までの全員に番号をつける。(つまり名前のかわりに番号を選ぶことにする。)
STEP 2 そして、1から211までの間にある整数からランダムに30個を選べばいい(つまり単純無作為抽出をおこなう)というのだが・・・
2-1サイコロを振ってなんていっても、サイコロの目は1から6までしかないので、実際にはむずかしい。
2-2多くの教科書には乱数表を引けと書いてあるけど、その使い方はとても面倒くさい。
2-3そこで、最近ではパソコンを使ってやる簡単な方法がある。

<Microsoft Excel を使う場合>
  • まず、どこでもいいので、任意のセルを選択する。
  • そして(半角で) =RAND() と書き入れ、Enterキーを押す。
  • すると0と1の間で乱数(くわしくは一様乱数という)が発生する。そこで小数点以下第1位の数を1桁の数、第1位と第2位の数を組み合わせて2桁の数などとすればよいのだが 【送料無料】 165/55R15 15インチ カジュアルセット タイプL 2. 4.5J 4.50-15 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース AE-01 SALE サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、これでもまだ面倒くさい。
  • Excelでは、たとえばaとbの間で乱数を発生させることもできる。
    そのためには、 =RAND()*(b-a)+a と書き入れ、Enterキーを押す。
  • 例題では、1から211の範囲で乱数を発生させたいのだから、 =RAND()*(211-1)+1 と書き入れ、Enterキーを押すと、その範囲で小数点を含む乱数が発生する。そこで小数点以下を切り捨てて、整数部分を乱数として使えばよい。
    2.乱数表をつくってみる
    STEP2までで、一定範囲の数から乱数を一つ発生させる方法はわかった。
    しかし、ここでほしいのは、211人のクラスからランダムに選んだ30人(すなわち、1から211までの整数から30個の乱数を発生させること)である。

    STEP 3 1から211までの整数から30個の乱数を発生させるには?
    3-12-3の手続きを30回繰り返せばよいのだが、面倒くさい。
    3-2そこでExcelの機能をもうすこし活用して、30個の乱数表をつくってみる。
    • まず、シートの左上A1のセルに、2-3と同じ要領で1から211の範囲で乱数を発生させる。
    • A1のセルを選択してコピーする。
    • A2からA30までのセルを選択して貼り付けをおこなうと、30個の乱数が1から211の範囲で発生する。ただ、このままでは小数点以下の数が多くて見にくい。
    • そこで、もう一度A1からA30までのセルを選択した上で、上のメニューから「書式」→「セル」を選択する。そして左端の「表示形式」のタブの中で、「数値」→「小数点以下の桁数」のところを「0」に設定して、下のOKボタンを押す。すると、30個の乱数は整数になり、見やすくなるはずである。
    • しかしまれに、乱数といえども同じ番号が再び出てくる可能性はある。その場合は同じ回答者のデータを複数個のサンプルとする。

    (なお、数学的には乱数にも様々な種類がある。ここで示した方法は最も単純な例であり、より高度な指定はSPSSの乱数発生機能などを用いる必要がある。以下、参考にSPSSを用いた乱数の発生例を示しておこう。)
    1. SPSSを立ち上げ、メニューから「ファイル」→「新規作成」→「データ」の順に選択する。
    2. メニューから、「データ」→「指定のケースへ移動」を選択する。出てきた「ケース番号」の欄には、発生させたい乱数の数を入れる。上の例題の場合なら、30と入力し、「OK」ボタンをクリックする。
    3. 1列目の30行目のセルに、任意の数(たとえば1)を入力し、Enterキーを押す。すると 【送料無料】 DUNLOP ダンロップ ウィンターMAXX 01 WM01 155/65R14 14インチ スタッドレスタイヤ ホイール4本セット BRANDLE ブランドル M60B 4.5J 4.50-14 フジコーポレーション、自動的に変数名は「var00001」となり、またケース番号1から29までには「.」が表示される。こうして、発生させる乱数のケース数だけ、あらかじめデータを作成しておく。
    4. メニューから「変換」→「計算」を選択する。「目標変数」には任意の変数名(たとえば「ランダム」)を入力する。
      「数式」には、「関数」リストから、たとえば一様分布から乱数をつくる「UNIFORM(max)」を投入する(上向きのボタンをクリックする。)
      そして、数式欄にあらわれたUNIFORM(?)の「?」のかわりに、必要な乱数の範囲の最大値 LX-MODE アルファード 10系 S/X 後期 Type-P マークレスグリル ※BCM対応 (シルバー塗装済) 取付込、この場合なら211を入力し、「OK」ボタンを押すと、30個の乱数がデータ画面に出現する。(通常設定では小数点以下が表示されるので、画面左下の「変数ビュー」をクリックし、変数「ランダム」の小数桁数を0にし、「データビュー」に戻る。)
    5. なお、この乱数表を番号順に並べ替えたい場合は、メニューから「データ」→「ケースの並べ替え」を選択し、昇順あるいは降順にソートすると、実際のサンプリング作業に便利である。

    3.単純無作為抽出法の練習
    ※いまここに211名分の名簿(Excel書式)がある SWAGE-LINE スウェッジライン フロント ブレーキホースキット ホースの長さ:200mmロング ホースカラー:ブラックスモークコーティング GSR250S 【エンドレス/ENDLESS】ブレーキパッド SSM リア用 SuperStreet M-Sports / SS-M カレン ST206/207 などにお勧め 品番:EP168 【イベント開催中!】 SUNSTAR サンスター フロント・リアスプロケット&チェーン・カシメジョイントセット チェーン銘柄:EK製GPGP520SRX2(ゴールドチェーン) SS750 【イベント開催中!】 SUNSTAR サンスター フロント・リアスプロケット&チェーン・カシメジョイントセット チェーン銘柄:RK製GP520R-XW(シルバーチェーン) NSR250R NSR250SE NSR250SPダウンロード<名簿1>
    1. まず、211名の一人ずつに1番から211番までに番号をうつ。
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-96463