ブリヂストン ECOPIA EP001S サマータイヤ 195/65R15 MANARAY EUROSPEED ユーロスピード G10 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 5.5 +45 4穴 100


 >  > ブリヂストン ECOPIA EP001S サマータイヤ 195/65R15 MANARAY EUROSPEED ユーロスピード G10 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 5.5 +45 4穴 100

バックナンバーはこちら

最新号はこちら

ご注意事項

ブリヂストン ECOPIA 04.12 EP001S サマータイヤ 195/65R15 MANARAY EUROSPEED ユーロスピード G10 ホイールセット 4本 15インチ 15 X ダウンサスペンション 5.5 +45 4穴 100

安倍晋三首相が進める経済政策アベノミクスは、「金融緩和」「財政支出」「成長戦略」という「3本の矢」で長期デフレ脱却を目指しており、

ブリヂストン ECOPIA EP001S サマータイヤ 195/65R15 MANARAY EUROSPEED ユーロスピード G10 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 5.5 +45 4穴 100最大で節約できる

、日本の成長力を押し上げるとして内外投資家からの評価が高まっている。日銀の黒田東彦新総裁はマネタリーベースの倍増、長期国債の積極的な買い入れ、消費者物価指数(CPI)インフレ率2%の目標宣言という大胆な金融緩和策を打ち出し、市場から好感を得た。今後2〜3年間を展望すると、日銀と政府の緊密な連携が欠かせないものの、我々は経済成長率の上昇とデフレ脱却 、CPIインフレ率1%強の達成を予想する。その一方で コーケン(旧光研電化) リアスプロケット KOHKENオリジナル 【カラーアルマイト】 カラー:ガンメタ 丁数:37、5〜10年先に目を向ければ、高齢化の進展と急増する社会保障費が経済成長の重荷となるだろう。本稿では、日本経済および金融市場についての今後2年間における3つのシナリオを解説する。

ホイールセット EP001S ECOPIA ECOPIA 15インチ ブリヂストン 100 15 +45 ユーロスピード 5.5 4本 X MANARAY 4穴 サマータイヤ G10 EUROSPEED 195/65R15 X

日銀の大胆な金融緩和を受けて円安および株高が進行し、アベノミクス効果への期待が広がりつつある。我々のアベノミクスの奏功シナリオは、国内総生産(GDP)および消費者物価指数(CPI)の今後2年間の緩やかな上昇を予想し(表1)、市場予想よりも高い水準のGDP成長率とCPIインフレ率を想定している。日銀は日本のマネタリーベースを倍増させ、CPIは上昇に転じるだろう(図1)。2012年度(2013年3月期)のGDPは、景気刺激策などの大規模な政府支出や、東日本大震災後に回復した個人消費に牽引された。政府は2012年度には公共投資を拡大させたが、2013年度および2014年度の大幅な支出増はないと予想される。このため、今後2年間のGDP成長のカギとなるのは、個人消費および設備投資だ。2014年4月に予定されている消費税増税前までは、低金利と1%超のインフレ期待が個人消費を押し上げるだろう。しかし、設備投資増は過剰設備などの需給ギャップが3%もあることから期待できず、2013年度は0.8%の微増が見込まれる。結果的に、2013年度は旺盛な個人消費に牽引され、2.5%のGDP成長を達成する見通しだ。しかし、消費税増税は2014年度の消費と住宅投資を引き下げ、GDPを1.8%押し下げるとみられる。従って、2014年度は0.7%のGDP成長となるだろう。我々の2013年度のCPIインフレ率予想は0.5%だが、これは主に耐久消費財に起因するデフレ圧力から、日本のCPIが解放されるためだ(ページ下部参照)。2014年度には円安やポジティブな消費マインドにより、CPIは1.2%に上昇すると予想される。

アベノミクス奏功の場合の企業収益動向:円安水準がカギに

2012年度、前年の大震災からの復興に牽引され、企業の純利益は拡大した。さらに2013年度は、約15%の円安と活発な個人消費を背景に営業利益率が大きく改善すると予想される。しかし、2014年度には個人消費の鈍化により、企業収益の成長も減速するとみられる。円安が1%進めば、企業収益はおよそ1%増加するが、ドル/円が100円を下回る水準にとどまった場合、輸出企業の収益成長は抑えられ、また、賃金および家賃の上昇も企業収益の成長へのマイナス要素となる。しかし、我々はデフレ脱却が売り上げ増加につながり、こうしたマイナス要素の多くを相殺すると見ている。2014年度には企業の営業利益率がほぼ過去最高となり、株主資本利益率(ROE)はおよそ9.2%になると予想される。

■アベノミクス奏功のシナリオ

- GDP成長率は2013年度2.5%、2014年度0.7%に。
- 消費者物価指数(CPI)はプラスに転じる(1.2%)が、2%には達しない。
- 国債利回りは、日銀の国債買入れにより1%前後で推移。

- プラスのインフレ率および国債の超低利回りの環境下で1米ドル110円へ。
- 企業の純利益伸び率は、2013年度40%、2014年度10%に。
- 日本株式は10%の上振れ余地。我々は出遅れ銘柄と輸出企業を選好する。

日本を待ち受けるのは、日出ずる未来か、それとも ――

長期的には高齢化と社会保障費増加への対応が課題に

現状維持シナリオ:依然懐疑的な見方

野田佳彦前首相による衆院解散表明前に8600円台を付けていた日経平均株価は、4月8日の終値で4年7カ月ぶりに1万3000円台を回復した

投資家の多くは依然として、日銀の新政策のGDP成長への影響に対して懐疑的であり、「銀行が日銀の当座預金を増やすだけで実体経済に行き届かないのでは?」との懸念を持っている。我々の現状維持シナリオでも、2013年度のGDP成長率は2.0%にとどまる見込みであり、市場予想の2.2%より若干低い。予想の2.0%のうち、0.8%は財政支出がもたらし、0.5%は2014年4月の消費税増税前の駆け込み消費、住宅投資、設備投資によるもの、残りの0.7%は現状の成長トレンドに起因するものだ。2014年度には、増税後の個人消費および住宅投資の減速により、GDP成長は0.7%に弱まると予想している。また、コアCPI伸び率は今後2年間、0.1-0.3%にとどまるだろう。しかし、円安および株価上昇による資産効果に基づく国内需要の回復が、インフレ率を現在の市場予想より高める可能性がある。

■現状維持シナリオ

- GDP成長率は2013年度は2.0%にとどまり、2014年度0.7%に。
- 消費者物価指数(CPI)はプラスに転じるが、0.1-0.3%で推移。
- 国債利回りは0.6-0.9%で推移。

長期的な悲観シナリオ:日銀は国債市場をコントロールできるか

5年〜10年後を見据えた場合、高齢化により急増する社会保障費の経済への影響は無視できない。政府による経済活性化が失敗した場合、2つの悲観シナリオが考えられる。それは、デフレから脱却できないデフレシナリオと、スタグフレーションだ。2つのシナリオの違いは、日銀が国債市場をコントロールできるか否かである。日銀が国債市場をコントロールできれば、金利は極めて低位にとどまり ICON アイコン フルフェイスヘルメット AIRMADA NIKOVA2 HELMET [エアマーダ・ニコーバ2] サイズ:2XL(63-64cm)、デフレ圧力は強まり、再び円高となる。一方、日銀が国債市場をコントロールできない場合、インフレ率と金利が急激に上昇し、資金の海外流出が増加する可能性がある。このシナリオの場合、税収は減少し、国債の追加発行が必要となる。その結果、日本の政府債務の対GDP比率が300%を超える可能性もある。

■悲観シナリオ

- 政府は経済の再活性化に失敗し、GDP 成長率は1%を下回る。
- CPIは引き続きデフレ圧力にさらされる。
- 日銀が新発国債の大半を購入するが、現金は銀行に滞留し、国債利回りは0.5%まで低下。
- 企業収益の伸びは、2013年度25%、2014年度0%に。
- 日本株式は10-15%の下振れ余地。

日本円の長期見通し:日米のインフレ率の差は安定的に推移

ドル/円の長期的なトレンドについて、我々は日本のインフレ率が米国のインフレ率を下回る限り、円は米ドルに対して上昇圧力にさらされ続けると考える。インフレ・トレンドの大きな変化(米国のインフレ水準との比較で日本の長期インフレ率が上昇する)が起きた場合にのみ、この長期トレンドは変わるだろう。しかし、短期的には、日本の金融緩和策および米国の経済成長がドル高円安を導くとみられる。推定購買力平価(PPP)に基づく、我々の円の長期見通しでは楽観シナリオでも米ドルの上限は110円程度であるが(図2)、2005〜2008年および1993〜1997年の経験に基づけば、ドル/円レートが推定PPPから長期間乖離する可能性もある。

推定PPPは、過去10年の購買力平価(PPP)を基に将来のPPPを示し、さらにPPPからの過去のスポットレートのパーセント偏差に基づく2標準偏差帯を示す。我々は、米国と日本のインフレ率の差は安定的に推移するとみている。これは、日本の強力な経済リフレ策にもかかわらず、日本のインフレ率は米国のインフレ率を下回るとの想定にも合致する。

ドル/円上昇には何が必要か?

米ドルを対円でしっかりと上昇させるためには、米連邦準備理事会(FRB)による利上げが必要だが、当面はないだろう。量的緩和第3弾(QE3)の終了も米ドルを強くする可能性があるが、需給の観点から見ると、実際にそれ自体には大きな意味はない。QEの終了は、マネーサプライを高い水準で安定化させるに過ぎないからだ。ドルを上昇させる別の方法は、日本が通貨供給や財政を拡大させることである。これは、欧州問題に端を発するリスク回避による円高局面には 【USA在庫あり】 アイコン ICON フルフェイスヘルメット Airmada Opacity パープル Sサイズ 0101-9915 JP店、特に有効と考えられる。ドル/円が90円近辺まで接近した場合、日銀および財務省は直ちに市場介入を行うと我々は予想している。90円のフロア(下限)は、スイス国立銀行によるユーロ/スイス・フランの1.20のフロアと同様に安定すると考えられる。

日本のCPI低下傾向反転の可能性

日本のCPIは、耐久消費財の価格動向に大きな影響を受けるという特徴がある。過去15年にわたり日本のCPIは、特に液晶テレビを含む家電製品 【送料無料】 YOKOHAMA ヨコハマ アイスガード ファイブIG50プラス 145/80R12 12インチ スタッドレスタイヤ ホイール4本セット BRANDLE-LINE ブランドルライン ストレンジャーKST-9 (ゴールド/レッドライン) 3.5J 3.50-12、パソコンなどの耐久消費財価格により収縮してきた。コアコアCPI(CPIから食品・エネルギーを除いたもの。なおコアCPIはCPIから生鮮食品を除いたもの)に及ぼす耐久消費財の影響を除いた場合、CPIは大半の時期にゼロを上回っていたはずである(図3)。液晶テレビの価格は今や十分に値下がりし、家電製品の多くは海外で製造されるため、2013年度および2014年度に円安はCPIにプラスの影響を与えるだろう。また、耐久消費財からのデフレ圧力が最近かなり弱まっているため、我々の見解では日本のCPIは反発する可能性が大きい。多くのエコノミストは2%のCPIインフレ率の達成はほとんど不可能と考えているが、我々は国内経済が強化されて円安が進行した場合、十分に達成可能だと考えている。

賃金の伸びとCPI(食料、エネルギーを除く)

1%の名目賃金増加は、CPIインフレ率を0.4%増加させる。過去10年にわたり日本の平均賃金上昇率は、-0.7%だった。しかし、日銀短観は、労働力余剰が労働力不足に転じつつあることを示唆している。短観の雇用人員判断DIと賃金増加率の相関は高い。CPIに関する我々の議論と同様に、日本の労働コストへの下振れ圧力は今や低く、1~2%の賃金上昇が見込まれる。日本の3大自動車メーカーが発表した今年6月のボーナスは、12〜15%増となっている。

本稿は、CIO WM Researchによるレポートを翻訳・編集したものです。

資産運用のご相談、お問い合わせは、UBSウェルス・マネジメントへ

電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル:0120-073-533(東京) 0120-520-887(大阪) 0120-667-581(名古屋)
UBSウェルス・マネジメントのオフィス所在地
お問い合わせページ

ページの先頭へ

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-84171